Nature Living

ジャンル:
Nature Living プロフィール画像

Nature Livingのバイオグラフィー

nature living(ネイチャー リビング)は、6人組の日本のエモ・ロックバンドである。

1998年、SeiichiroとYuya(現START OF THE DAY)を中心に結成。結成当時は5人組だったが、2004年にキーボードAiが加入し現在の編成となる。スウェーデンのエモバンドであるSTARMARKET(スターマーケット)等、90年代に活躍していたエモバンドと呼ばれたアーティスト達のサウンドに影響を受け音楽活動を開始。主に全員で作詞・作曲を担当、新宿・渋谷を活動拠点とし2005年頃からは海外でもライブを行うようになる。
2000年に初の単独音源となるミニアルバム『THIRST FOR LUST』をP-Vine Recordsよりリリース。2002年に2ndミニアルバム『THERE IS STILL SOME HOPE』をstrikesよりリリース後、2006年に初のフルアルバム『Thereof』をTheory&Practice Recordsよりリリース。なおTheory&Practice RecordsはボーカルSeiichiroが運営するインディーズ・レーベルであり、2008年までの全ての単独作品を同レーベルから発売している。その他にも、このレーベルからはFACT、START OF THE DAY、The Feather Side、waterweedなどのバンドが音源をリリースしている。
2010年、SAVI RECORDSにレーベルを移籍し、8月に2ndフルアルバム『ANONYMOUS』をリリースし、バンド名を大文字に改名。2005年以降のnature livingの単独作品のジャケットデザインはベースのTakashiによるもの。